カウンセリングを受ける女性

放棄も大事

責任感を持ちすぎると危険です

責任感が強すぎるとうつ病になってしまう事があります。責任感が強い人、弱い人がいるのですが、責任感が弱い方はうつ病になる原因があまりないので無縁の病気になります。責任感が強い方は失敗してしまうと自分を責めてしまう事が多くなります。仕事でもプライベートでもなにか失敗をしてしまうと自分を責めてしまい完璧に物事をこなさなければならないと感じてしまうようになります。これがうつ病の原因の1つになってしまうのです。自分が完璧になるまで行ってしまうので、次々とやらなくてはならない事が増えてきてしまい、追い詰められてしまう事が増えてくるのです。極端に追い詰められてしまう事によって悩みが増えてうつ病の原因になってしまう事があるのです。

周りの方と協力する事を考えましょう

責任感が強い方がうつ病にならないようにするのは自分を責めない事が大切になります。失敗をしても自分だけが悪いと思わないでどのようにしたら一緒にいる方で解決する事ができるかなどをしっかりと考えるようにしましょう。責任感を持つ事は非常に大切な事になるのですが、あまり持ちすぎるのは良くありません。適度な責任感で止めておくとうつ病の原因になってしまう事はありません。仕事でもプライベートでも物事を1人で全て行うのではなく、周りの方と協力して行う事を心がけることによって、極端な責任感が付く事はありません。特に仕事の場合は様々なうつ病の原因がありますのでこのような小さい事から解決していくとうつ病になりにくいと思います。