その症状、うつのサインかもしれません。

 原因を知る

周りにうつ病の症状がある場合は、原因がある可能性も高いです。また、接し方もありますので相談できる第三者を味方につけておくと安心だと言えるでしょう。気持ちもだいぶ楽になります。

READ MORE

 感じた場合は

自分はうつ病じゃないと思っていても第三者が異常を感知している場合もあります。例えば、うつ病の症状が出始めた場合収束を充分に取ることを忘れてはいけません。これも改善させる為に必要なのです。

READ MORE

 放棄も大事

責任感のある人ほどうつ病になりやすいと言われていますが特に重役を任されている人ほどそのような傾向に陥ってしまう可能性が高くなります。大事なことが自分自身を追い詰めないことです。

READ MORE

マイナスはいけない

うつ病の原因を知ることでどのような対策を取ればいいのかわかってきますよ。ぜひこちらを参考にしてみてください。

不眠や気分の落ち込みなどが続くうつ病の原因がコチラで分かりやすく紹介されてますよ。治療法などの情報も必見です。

ポジティブな思考が鍵を握る

精神的に落ち込んでしまって陥るうつ病ですが、思考を変えることによって改善させることが出来るとも言われています。しかし自分を変えることは簡単なことではないので少しずつ焦らず治療をしていく必要があります。うつ病の原因は心の中にあります。生活習慣の乱れなどから脳にも影響が出てしまいうつ状態になることもあるのですが、ほとんどの場合の原因は精神面での不安や焦りから生み出される負のエネルギーなのです。うつ病に関してはだいぶ認識が広がってきましたが、まだ偏見の目もあります。うつ病は甘えだと思っている人もいますが、実際になってみないと辛さが分からない病でもあります。焦らず長期で治療を考えたほうが改善する可能性は高くなるでしょう。

幼いころの環境が原因

十人十色で人の考え方はそれぞれ違います。性格は幼いころの環境によって形成されるとも言われていますが、その時の経験などによってうつ病になりやすい性格になってしまう場合があります。根本の性格を変えることは難しいのですが、専門家のカウンセリングなどによって少しずつ変化させることは可能でしょう。うつ病の原因はストレスと言われていますが、誰でもストレスは抱えています。そのストレスを発散できるかできないかによってうつ病になるかならないか差が生じるでしょう。原因はストレスだけではなくいろいろな要因が複合している場合があるのですが人によって感じ方や考え方など違いますのでストレス以外で鬱になる人も実際にはいるのです。

原因となる4つのストレス

うつ病の原因とは何か、と尋ねられたら、多くの人は「ストレス」と答えるのではないでしょうか。そして、この場合のストレスとは「人間関係によるストレス」だと思っている人が多いでしょう。確かにそれもうつ病の原因の1つとなり得るのですが、そればかりではありません。うつ病の原因となるストレスには4つの種類があります。 1つは、精神的ストレスです。 仕事や人間関係などで「嫌だ、辛い」などと感じることがストレスになります。 2つ目は、体のゆがみです。 骨盤や背骨など体がゆがんでいると、その情報が脳に伝達され、脳はストレスを感じることになります。 3つ目は、栄養素です。 栄養素の過不足が原因でストレスを感じることもあります。 4つ目は、温度と湿度です。 暑すぎたり寒すぎたりすることでストレスを感じたり、気圧の変化でストレスを感じる場合もあります。 ここまでは、どのようなストレスがうつ病の原因になるかです。

ストレスがあると

自律神経には、交感神経と副交感神経とがあります。昼間に仕事をしたり活発に動くときには交感神経が働いています。夜、ぐっすり眠っているときには副交感神経が働いています。しかし、先にあげた4つのストレスが多いことによって、交感神経と副交感神経の働きに乱れがでることがあります。たとえば、夜、ぐっすり眠りたいのに目がさえてなかなか眠れない、そして、昼の仕事中に眠くなる、というような場合です。これは、ストレスが多くなり自律神経が乱れている状態で、これが長く続くと自律神経失調症となります。この、自律神経失調症が悪化してうつ病となるのです。ストレスを感じると、交感神経は過剰に働きます。これが、自律神経の乱れにつながり、うつ病へとつながっていきます。 自律神経は、心臓や胃などの働きにも影響しています。乱れがおきないよう過ごしたいものですね。

ストレスと環境による発病を理解する

長い人生のなかで様々な場面で、あらゆるストレスを抱えてしまいます。自己評価が高い人であっても、結果を出そうとプレッシャーが大きくなり不安定な状態になります。自己評価が低くても、どんな局面を迎えても否定的な考え方が強くなってしまいます。軽いうつ病であれば、他人に認められたい欲求が原因になることも考えられます。もともと自己評価が低いと、益々低くなり、うつの症状が深刻になります。受け入れてもらえない、能力が低いから失敗したという感情は、心を不安定にさせてしまいます。ストレスの原因のひとつに自己否定してしまうことが挙げられます。ストレスの度合いが大きくなると、一時的にうつ病を治せたとしても、その後、再発した際に、コントロールが難しくなります。

 勇気が鍵に

うつ状態になると気弱になるケースが多々ありますし、周りに相談をする勇気もなくなります。そうなると改善は難しくなる一方なので気弱な自分を解消できる方法を探りましょう。

READ MORE

 若い世代でも

心理的な負担が重なると、うつ病を発症しやすくなります。仕事でストレスを貯める若者も多くそれが原因で現在患者数も増えているのです。また首への負担もうつ病を増やしている要因だと言えるでしょう。

READ MORE